牛丼戦争

牛丼が200円台になってきているみたい。
それほど食べることないからあまり気にしてないんだけど、ニュースでやるからちょこっと気になっちゃって、吉野家が牛丼を安くしたってんで買ってきてみた。
ら。
なんでも期間限定で、安くないんだってさ。
何も考えずに買って、払うときに380円って言われて「あれ? 二百いくらかじゃなかった?」って聞いちゃったよ。
200円台って思ってたから、むちゃくちゃ高く感じてしまった。

吉野家の牛丼

久しぶりに吉野家の牛丼を食べたけど、柔らかくておいしいねー。
でもほかの店が200円台で食べられるってことを考えると、高いよなーって思ってしまうワケなんだな。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←←← 応援のクリックをお願いします

 デフレと円高の何が「悪」か (光文社新書)
デフレと円高の何が「悪」か (光文社新書)
光文社 2010-01-16
売り上げランキング : 4482

Amazonで詳しく見るby G-Tools

日本経済復活 一番かんたんな方法 (光文社新書 443) 自分をデフレ化しない方法 (文春新書) チェンジメーカー 日本銀行は信用できるか (講談社現代新書) 勝間和代 ニュースの裏が読める思考のフレームワーク32


コメントをどうぞ