大阪名物

ワタクシはそれほどお好み焼きを食べたいと思わない。
キライってワケじゃないけど、やっぱりご飯が好きだから・・・かな。
よくわかんないけど、外でお好み焼き店に入ることは年に1回ほどしかない。
そんなワタクシが今日はお好み焼きを食べたい・・・なんて思った。
で、お好み焼き店に行った。

2011年5月28日、晩ご飯

ワタクシが豚イカ玉、同居人が豚キムチ玉を頼んだ。
豚イカ玉なんて外で頼んだのって10年ぶりぐらいじゃないだろうか。
元々行く回数が少ないだけでなく、行ったら変わったの・・・チーズとかスジ肉とか餅だとか・・・を注文するからねぇ。
でも今日はなんか定番中の定番が食べたくなったのである。

2011年5月28日、晩ご飯

そして焼きそば。
これは同居人と半分ずつ。

いやぁウマかったぁ。
久しぶりに食べた外食でのお好み焼き(家で作ったり職場で作ったり・・・の方が多いんだな)。
なんで食べたくなったんだろ・・・って考えてみたら、そうだ。今日、映画「プリンセス・トヨトミ」を観てきたんだった。 綾瀬はるかがお好み焼き食べてたよねぇ。お好み焼きをあまり好きだと感じていないワタクシにとって、映画の中のそのシーンに気持ちは反応しなかったんだけどなぁ。インド料理とか韓国料理とかが出てたら絶対に「旨そう」とか思って映画観た後も食べたいなぁ・・・なんて思うのが常。だけど、今回は映画の感想はいろいろ思ったけど、食べ物のことは一切出てこなかったんだけどなぁ。しか〜し、心の奥深くにインプットされてたんだね、お好み焼き。


コメントをどうぞ