‘ご飯’ カテゴリーのアーカイブ

3月19日のおべんと

2012年3月20日 火曜日

同居人が起きる前におべんとを作ったワケなんだが、朝起きて腐ったチーズを食べた同居人、ダウン。
なのでおべんとが無駄になったわけだが、仕事を休んだ同居人、どうせ食べるだろ。

2012年3月19日、同居人のおべんと

前の晩に作った鶏肉の五平餅のタレ焼き。
豚肉とほうれん草となまこを醤油で炒めたもの、パプリカと卵を塩胡椒バジルで炒めたもの。

仕事を終えて帰ってきたら、すっかりケロッとしていた同居人。
やっぱりきっちりとおべんとは昼に食べたそう。
仕事を休む必要はあったんかな?  

3月18日の晩ご飯

2012年3月20日 火曜日

2012年3月18日の晩ご飯

先日、五平餅を作ったわけなのであるが(→これこれ)、その際タレを多く作りすぎて余ってしまった。
また五平餅を作るって案もあったけど、あまり食べ過ぎると“大好きな五平餅”から“大”がとれて単に“好き”になってしまうかもしれない。小学校時代からずっと好きを貫いてきた五平餅だけに単に“好き”に成り下がりたくないので、五平餅を作る案は却下。
ってゆーか単に作るのめんどくさかったっていうのもあるんだけどね。食べ過ぎたぐらいでワタクシの気持ちは揺るぎませんぜ。

ってことで鶏肉をフライパンで焼いて、それに五平餅のタレを絡めてみた。絡めたっていうか、塗って焼いたって感じ。

2012年3月18日の晩ご飯

うまいっちゃ旨いんだけど、フライパンで焼いたから鶏肉の脂とまざりあってちょっとギトギト感があったかなぁ。
魚焼きで焼いた方がよかったかも。
うまいっちゃ旨いんだけど。
あと、ちょっと甘過ぎ…かな。
うまいっちゃ旨いんだけど。

さらなる高みをめあさなくっちゃね。
「闘ってこその新境地を目指せ、敵は自分の中にあった」っていう名言もあるこっちゃしね。  

天丼弁当

2012年3月20日 火曜日

2012年3月18日、同居人のおべんと

天ぷらを多めに作ったんで3月18日のおべんとは天丼。
天つゆが余ったんでそれで味付けした卵焼きと、白ワイン、塩胡椒で炒めたブロッコリーを添えて。

3月17日の晩ご飯

2012年3月20日 火曜日

2012年3月17日の晩ご飯

ナスとカボチャがあれば、そう天ぷらでっしょ。
天つゆは塩麹を入れて作ってみた。

2012年3月17日の晩ご飯  

今回の天ぷらは失敗。
サクサクに作れなかったんです。

3月15日のおべんと

2012年3月20日 火曜日

2012年3月15日、同居人のおべんと

白菜を炒めたのんの上に冷凍してあったハンバーグを。
ローストビーフを作ったときに作った玉ねぎのソース(→コチラ)を絡めて焼いてみた。
人参を適当な大きさに切り、バター、コンソメ顆粒を一緒に入れてレンジで2分ほどチン、すべてを絡めてさらに3分ほどレンジでチンして作ったグラッセも。
空いた場所にはベーコンと大根を塩胡椒で炒めたもの。

3月14日の晩ご飯

2012年3月20日 火曜日

2012年3月14日の晩ご飯

鶏肉とブロッコリーとアスパラと人参をホースラディッシュソースとマヨネーズと醤油で作ったタレで炒めたもの。
ツナとセロリと人参のサラダを添えて。

2012年3月14日の晩ご飯

ニンニクを入れた豚汁も作ってみた。

いや、それにしてもホースラディッシュソースはうんまい。

五平餅大好き左右衛門

2012年3月13日 火曜日

ワタクシの名前は五平餅大好き左右衛門。
なんでそんな名前がついたかって?
聞きたいというなら話してしんぜよう。
それはだな。
五平餅が死ぬほど好きだからなのだ。
それだけ。
つまんね。
っていうぐらい五平餅が好き。
今度、旅行に行くときには五平餅行脚をしたいなって思っていたりしたのだが。
でも。
五平餅は長野県とか岐阜県あたりが産地のよう。
去年は下呂に行ったし、ちょっと前には高山にも行った。
なので行くなら長野かな。
と思ったワケなのだが、ワタクシの住んでいるところから長野までは片道2万円以上かかるってワケ。
五平餅がだいたい200円ぐらいとしたら、往復で200個も食べられるってことになる。
宿泊が温泉に泊まったとし、一泊が1万5千円だとしたら旅費と宿泊費で275個の五平餅が消費できることになる。
で、275個の五平餅代で1泊2日でかけたとしよう。
着いた先で五平餅を死ぬほど食べたとしても2日で30個はたぶん食べられないと思う。
それはなんか納得いかないよなぁ〜などとわけのわからない理論をぐだぐだと。
でだ。
作ってみたよ、五平餅を。

まずは3合の米を炊く。
その間にタレ作り。
くるみ120g、ゴマ小さじ2をフードプロセッサーで細かくする。
それをすり鉢に入れ、刺身貯まり大さじ4、酒大さじ2、みりん大さじ2半、きび砂糖140cc分、赤味噌小さじ2を入れてスリコギでゴリゴリする。
できたのがこちら。

五平餅

米が炊けたらスリコギで米をつぶす。

五平餅

五平餅

これぐらい潰したら手を水で濡らして割り箸にくっつけて整形する。

五平餅

こんな感じ。
米3合でこれが5つできた。
それをコンロの魚焼きで焼く。

五平餅

焦がしたくなかったんだけど焦げてしまいましたん。
魚焼きは火の強さが違うので、30〜45秒ずつで場所を変えたり向きを変えたりしながら焼いてみた。
べとつきがなくなって全体がパリっとしてきたら裏返して同じような感じで焼く。

五平餅

両面焼けたらタレを全体に片面に塗って焼く。
全体がちょこっと焦げるぐらいがいいみたい。
で、片面焼けたら裏返して同じように焼く。

五平餅

できあがったのがコチラ。
全体になんとなく焦げ気味に作りたかったんだけど、けっこう焦げてしまった。
さっそく試食。
うんめー。
五平餅じゃーん。五平餅。
ちょっと違う感じがしたけど、ほぼ五平餅。うんめーうんめぇ。
食べてから気づいたのは、タレにおろし生姜を入れ忘れたこと。
そっかちょっと味が違う感じは生姜が入ってなかったからか。
次は入れなくちゃね。

5本できたけど、同居人とふたりで3本しか食べられなかった。ワタクシが2本ね。
って、カンタンに書いたけど、単純計算でワタクシ1.5合弱食べたことになるんだな。
なるほど満腹で気持ち悪くなるなワケだ。
うーん。
大好きな五平餅、死ぬほど食べても大丈夫って思ってたけど、そうじゃないんだ。
旅行先で2日全食五平餅っていうのはきっとムリだな。

今日の朝ご飯

2012年3月13日 火曜日

職場では、夜勤明けの食事は夜勤のスタッフが作る。
和食を作る人が多いのでワタクシは洋食を作ることがほとんど。
短時間でカロリーを摂取しなくちゃいけないお婆ちゃんがいるので、いろいろ入った食パンを作っていっているのだ。
前にも書いたけどね。
今回はヨーグルトとハチミツをたっぷり入れた食パンを作った。
で。
パンの耳は持って帰る。捨てたりしない。
これも前に書いたなぁ。

2012年3月13日の朝ご飯

そのパンの耳を使ってフレンチトースト風パングラタン。
同居人が休みだったから作ったんだけどね。
パンの耳を卵牛乳液に浸しておく。もちろん砂糖も入れてね。
で、200度に温めたオーブンで20分ほど焼いたのがコレ。
焼く前にグラニュ糖をパラパラとかけておいた。
甘くてうんまーい。
朝から太るね。