2009年7月17日 のアーカイブ

ポークカツレツ

2009年7月17日 金曜日

包丁の切れがあまりよくない。砥石を持ってるから研ぐんだけど、それほどいい感じにならないんだなぁ。研ぎ下手なんだろうなー。じゅくじゅくのトマトでもつぶれずにすっと刃が入るような・・・そんな包丁がほしいよぉ。次の給料は・・・っていいかけて×。だって今月10日ぐらいしか働いてないからちょっとしか入ってこないよぉ。それにまずはミキサーでしょ。ミキサーの調子も悪いんだもんね。
そんな昨日の晩ご飯はカツレツ。薄めのカツ用豚肉2枚でシソとチーズを挟んでオリーブオイルで揚げるっていうか焼いてみました〜。青唐辛子を消費したいからソースも作りましたん。むほ

ポークカツレツ

ソース
材料

青唐辛子:2本
タマネギ:1つスライスして
トマト:2つざく切り
クミン:小さじ1
にんにく:1かけみじん切り
白ワイン:100cc
オイスターソース:小さじ半分
醤油:小さじ半分
塩:適量
黒こしょう:適量

作り方
1.フライパンにオリーブオイルとクミン、にんにくを入れて火をつける
2.クミンがシュワシュワしてきたらタマネギを入れる
3.20分ほど炒めてタマネギが茶色になってきたらトマトを入れる
4.青唐辛子、白ワイン、塩こしょうを入れる
5.トマトがつぶれるまでつぶすように炊く
6.オイスターソース、醤油を入れて中弱火で15分ほど炊く

カツレツ
作り方
1.豚肉を叩いて延ばす
2.塩こしょうを少々
3.シソの葉2枚、とろけるチーズを乗せて、豚肉で挟む
4.小麦粉をまぶす
5.溶き卵を浸けてパン粉をつける
6.フライパンにオリーブオイル1.5cmぐらいを入れて火をつける
7.中火強で焼く・・・っていうか揚げる

添え物はニンジンとアスパラガス。ニンジンは適当な大きさに切ってレンジで1分半ほどチン。アスパラガスは茎の部分をピーラーで剝く。フライパンに並べて火をつけ、白ワインを大さじ1ほど入れて蓋をして蒸し焼きにする。裏がしたり転がしたりして焦げ目が付いたらバター大さじ1を入れクレイジーソルト、黒こしょうをふりかけてできあがりだ。

カツレツ

切ったらチーズがとろ〜りって感じにしたかったんだけどチーズが少なかったなぁ。シソの味はしてたけどチーズはうっすらって感じ。それよりも作ったソース。おいしかったんだけど、このカツレツには普通のソースの方が合ってたような気がする。けっこうピリッとしておいしいんだけど、そっちの味が勝っちゃって。ソースだけでじゅうぶんおかずになるって感じだもんねー。
それと一昨日作って残ったカチュンバもどきときゅうりのぬか漬け。ぬかがけっこういい感じになってきたんじゃねーの。けっこうおいしくなってきたもん。この先どうしたらいいんだろ? よくわからんけど、現在長芋が浸かってまーす。

きゅうりのぬか漬けとカチュンバ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ← ← ← 応援のクリックをお願いします

しそなんばん味噌で卵かけご飯

2009年7月17日 金曜日

ふっふっふっ。2連休だ。なにか仕事先の勘違いみたいで水曜日木曜日と休みになっちゃった。うれしいんだけど、時給で働いているワタクシにとって身入りが減るってこと。喜んでばかりはいられないケド、でも喜んじゃうもんねー。
青唐辛子をいっぱい買ったので保存できるようにしそなんばん味噌を作った。

しそなんばん味噌

材料

青唐辛子:15本みじん切り
シソの葉:20枚千切り
味噌:大さじ4
砂糖:大さじ1半
みりん:小さじ1
ごま油:大さじ1
すりごま:大さじ2

作り方

1.フライパンにごま油を挽き、青唐辛子を入れて火をつける
2.ある程度火が通ったら、砂糖、みりん、味噌を入れて混ぜる
3.全体に混ざったら火を消す
4.シソの葉、すりごまを入れて混ぜてできあがり

ご飯をフライパンで焼いて、お焦げご飯をつくり、それを丼に盛って、卵をかけこのしそなんばん味噌をつけて全体を混ぜ混ぜしていっただきます。お焦げが思ったよりも焦げてないけど、お腹がすいてたからもうこれでいいやって・・・そんな感じ。むちゃくちゃ辛いので食べ過ぎには要注意。とか言いながらたっぷり食べたのでした。舌ぴりぴり〜♪ 汗だくだく〜♪

卵かけご飯

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ← ← ← 応援のクリックをお願いします