パンと卵とチャイと

昨日は12時〜21時までの仕事だったんだけど、利用者さんのおばあちゃんが調子悪くなって病院に一緒に行くことに・・・そしたら帰りが午前様になっちゃった。約1年この仕事をしているんだけど、思ったのは病院って認知症の人をとにかく入院させないようにするんだよねーってこと。何かと理由をつけて断るんだよな。昨日のおばあちゃんだって、昼から病院に行って、こちらからかなり調子悪そうだから入院させてくれって頼んでるのに、様子を見てくださいって帰され、その後18時ぐらいから39度の高熱が出て・・・そして電話して救急扱いで行ったら1時間以上待たされて、でもって診察の途中で救急車が来たからってまた1時間近く待たされて。聞こえるように満床だなぁとか言うし。とにかく帰そう帰そうとして、こっちが「もし何かあったら責任取ってくれるのでしょうか?」って聞いたら入院させてくれて・・・。結局あるんじゃん、ベッド。ほんっと認知症の人っていやがられるよなぁ・・・とつくづく思ったのでした。じっくり話したらかわいいのになー。
そんな昨日の昼ご飯。一昨日、同居人が買ってきたパンがまだまだあったのでそりを食べた。卵焼きとチャイなんぞプラスして。
卵焼き
トマトひとつをざく切りにする。
新タマネギをみじん切りにする。
ビニールに入れて、オリーブオイル小さじ2、レモン汁小さじ2、はちみつ小さじ1、クレイジーソルトちょっと多め、こしょう少々入れて揉む。
トマトがつぶれないように。
で、1時間ぐらい寝かしておく。
卵3つを解きほぐし、塩、こしょう、パプリカを適量入れる。
フライパンでスクランブルエッグにする。
で、皿に盛った卵の上にトマト、タマネギを乗せる。
上記の皿がふた〜つ出来上がり。
チャイ
カップ1杯の水にカルダモン3つ、クローヴ5つを入れて火をつける。
セイロンティの葉大さじ1を入れて3分ほど炊く。
カップ1杯半の牛乳を入れて、小さじ4ほどの砂糖を入れ、沸騰させないように3分ほど炊く。
最後にシナモンパウダーを2振りほど入れてOKだ。

卵とトマト、タマネギは合うと思ったけど、合わなくはないけど、合うってほどでもなく、マズイってワケじゃないけど、それほどおいしいってワケでもなく、でもぐぼーって文句を垂れるほどマズイわけじゃなくそんな感じ。
チャイも、シナモンパウダーを入れるのを忘れて、あとで入れたもんだから、なんかシナモンっぽくなっちゃって失敗。ちょっと残念。っていうかかなり残念。
そんな思いの中、同居人は「おいしいねー」って言ってぱくぱく食べてた。何でもおいしいって食べられるのは一種の能力だと思う。すばらしいね。ってワタクシも同類なんだけどね。


コメントをどうぞ