2009年6月1日 のアーカイブ

牛肉の塊を焼いたもの

2009年6月1日 月曜日

どんなに生意気でもどんなにブチャイクでもどんな体型でもいくつになっていようとも父親にとって娘っていうのはそりゃかわいいもんで目の中に入れても痛くないってな表現がそらぴったりの存在だったりするわけなんだ。同居人とこもそう。こないだ親元に行った時、牛肉を、牛肉の塊を、そうステーキ肉をもらって来やがった。いや、もらっていらっしゃった。欧米諸国からやってきた外牛さんぢゃなく日本でお生まれになり日本で育てられられらっしゃったしかも茶髪ぢゃない黒毛ーなやつをだよっ。・・・ということでその牛肉の塊を焼いてかっ喰らうことにしましたばい。

ステーキ

あうぅあうう。もう2度と食べられないかもしれないステイキ。アップで撮って見ましたんです。ホントはレアに焼きたかったんだけど、薄いからぜんぶ焼けちゃったのでっす。もちろんステーキっていや添えもんはグラッセ。ニンジンとカボチャのグラッセを作ってみた。はじめて。

ステーキとニンジン/かぼちゃのグラッセ

ステーキ

1.肉は常温に戻しておき麺棒でたたく
2.筋は切る
3.片面にガーリックパウダー、クレイジーソルト、黒こしょうを適量ふる
4.厚めのフライパンを肉をのせたらジュっていうほど熱する
5.肉をのせて強火で30秒焼く
6.弱火にして1分焼く
7.裏返して弱火で1分焼く
8.焼いた肉をアルミホイルでくるんで3分ぐらい置くっていくつかのサイトで書いてあったけどお腹が減っていたんでそれはしなかった。

グラッセ

1.ニンジンとカボチャを1cm厚に切る
2.鍋に入れてひたひたに水を入れて火をつける
3.コンソメスープの素小さじ1、砂糖大さじ1半を入れる
4.煮立ったら弱火にして10分弱炊く
5.にんじん、カボチャが柔らかくなっていたらバター大さじ1ほど入れてさらに1分半ほど炊く

そしてサラダ。
キャベツとタマネギとニンジンを千切りにして、マヨネーズ大さじ2、オリーブオイル大さじ2、お酢大さじ2、レモン汁大さじ1、粒マスタード大さじ半分に塩こしょうしたドレッシングをかけて混ぜたもの。

サラダ

ビシソワーズも。暖かいポタージュみたいなんもいいかなって思ったんだが、暑かったんで冷たいスープを。ビシソワーズ好きだし。

ビシソワーズ

ビシソワーズ

1.じゃがいも大きめひとつを細切りにする
2.タマネギ4分の1を細切りにする
3.鍋に油を挽いてタマネギ、じゃがいもを炒める
4.焦げないようにある程度火を通したら水200ccを入れる
5.マギーブイヨン1つ、クレイジーソルト、黒こしょうを適量入れる
6.10分ほど・・・じゃがいもが型くずれするほどまで炊く
7.火を止めて粗熱をとる
8.ハンドミキサーでガー
9.牛乳200ccを加えて火にかける
10.5分少々炊いて冷やす
11.皿に盛ってパセリを振りかける

1枚1500円ほどするお肉・・・海外から輸入してきたんと違う黒毛和牛、むほー、おいしいに決まっとりまっしょい。久しぶりのステエキなんで、たぶん産地偽装してて海外から輸入してたんだとしてもわかんないよ。うまかったよ。しびれたよ。グラッセもはじめて作ったワリには成功だったし。もうちょっと厳しく言やぁ甘さが足らなかったかなって思ったけど。ビシソワーズはバッチリ。よく冷えててうまかったす。

あっ、ちなみにワタクシの娘に関してはホントに世界でいちばんかわいいんである。親ばかぢゃなく・・・ね。買って欲しい本のタイトルがメールで来てたから買ってあげよっと。マカロンに作り方の本がほしいみたい。次欲しい本って数冊リクエストが来てたんだもんね。買っちゃる買っちゃる全部買っちゃる。・・・・・・甘いって? いいですばい。母親が厳しいから父親が甘くしなくてどうするよっ。娘に嫌われない為には媚びることじゃい。嫌われない為にどんな姑息な手段をも取っちゃるばーい。

焼きおにぎり

2009年6月1日 月曜日

麦を入れて炊いたご飯で久っしぶりに焼きおにぎりを作ってみた。

焼きおにぎり

おにぎりを握って、醤油とみりんとごま油をミックスさせたものを薄〜く塗りながら何度も焼くっていう方法で。ホントは網で焼きたかったんだけどないからフライパンで焼いたのでっす。

味噌汁

かぼちゃとブロッコリーの茎の部分が入っている味噌汁を作った。カボチャが入ると甘くなっておいしいよねー。ブロッコリーの茎の部分はなんかもったいなくていつも捨てられないんだなー。で、味噌汁に入れてみたってワケ。

久しぶりの焼きおにぎりはおいしいなぁ。ただ、おにぎりにすると何故か量が増えちゃうんだよな。握るから見た目小さくなるからかなぁ。