2009年6月30日 のアーカイブ

牛肉とズッキーニの甘辛炒め

2009年6月30日 火曜日

昨日は昼からもずっと勉強してた。だから晩ご飯の献立を考えてないっていうか、もう考えるのがすごくおっくうになっちゃってて。冷蔵庫を見たらズッキーニが余ってるし、そろそろ食べなくっちゃいけない頃を迎えつつ。ちょうど毎日参考にさせてもらっているレシピ系サイトっていうかブログ「aiai @cafe」(→ブログはコチラ)さんのところに「ラヴ・ズッキーニ!牛肉とズッキーニの甘辛炒め」(→記事はコチラ)っていう記事が載ってたのでそれを作ることにした。

牛肉とズッキーニの甘辛炒め

牛肉とズッキーニをフライパンで炒めて、塩こしょうを適量振り、醤油大さじ1弱、みりん大さじ1弱、砂糖小さじ2、煎りゴマ大さじ1ほどを混ぜたもの。ねーもう見るからに美味しそうでしょ。

それとじゃがいものサラダ。じゃがいも3つを10分ほど茹で、水気をとりちょっとつぶしながら混ぜる。つぶすのはちょっとだけ。そこにタマネギ半分のスライスを混ぜ、塩こしょう。マヨネーズ大さじ3、コチュジャン小さじ1ほど混ぜたのだー。それとトマト。

意識したワケじゃないけど、彩りがキレイだねー。夏って感じ。牛肉とズッキーニの炒め物はかなり美味しくって・・・・・・。自分で作ると甘くするっていうのんがほとんどないから、こういった味付けはすごく新鮮なのだ。同居人もうまいーって喜んでたし。・・・っていうか口に入るものはなんでもうまいんだけどね。それよりもワタクシが勉強してて昼も夜もご飯の時間が遅くなったから、ワタクシの機嫌をそこねないように、独り言のように・・・でもちらっと聞こえるように「お腹減ったなー」って言ってるのが、ちょっとおかしかったっす。

焼きそば

2009年6月30日 火曜日

ヘルパー2級の資格を取ろうとしていることは以前ここで書いた。ままま、それで学校に通っているのだが、仕事をしながらできるように教室に行くのは週1回ぐらい、そしてあとは通信教育。家で本を読んで勉強してそれに対してのテストとかレポートをやっているってわけ。いやぁもうなんていうか、ひっさしぶりの勉強。いろいろ方法を忘れちゃってて大変なのだ。たとえばレポート。○○について200字で答えなさいっていう問題がある。以前、学生の頃はダイレクトに書いていって200字以内に収めてた。でも今はそんなんムリ。だから解答用紙をコピーしてそこに下書きをして文字数を確認してから(解答欄がマス目になっているから)きちんと清書するってな感じの方法をとっているのだ。いちばんの問題は頭がパソコン慣れしちゃってること。ワタクシは20年以上前からパソコンを使っている。ワープロやエディタを使って文章を書いてきていたので、考え方がパソコンでってな感じになっているのだ。とりあえず重要なキーワードの文章をいくつか書いて、それを切り貼りして200文字に収めるっていうような・・・そんな書き方だ。キーボードを打つことで頭が活性化して文章が浮かんでくる、ってな構造になっちゃってるみたいなんで手書きだとまとまらないことにビックリ。いくつかのキーワードで書いて、それを文章にして・・・って感じだから、そう下書きが2回必要になるのだ。漢字が出てこないことはもちろんなんだけどねー。どうもキーボードを打ちながら次のことを10も20も考え、そして変換しているときに次はどれにするかを決定する・・・みたいな感じになってるみたい。だから手書きだと書くことに頭を使っちゃうから、考えられないんだな。だから書いてから手を止めて次を考える。でもなんかじっと考えると思いつかないんだよなー。すごいね慣れって。
そんな昨日の昼ご飯は、勉強で忙しかったから市販の・・・カンタンに作れちゃうヤツ。

焼きそば

でも、パッケージの裏に書いてあるとおりに作るのはなんかひねくれ者のワタクシとしては売っているところに負けた感じがするんでちょこっとだけでも手を加えたりするんだな。

作り方

1.まずフライパンで豚肉とキャベツを炒める
2.塩こしょうして、さらに荒唐を小さじ1ほど入れる
3.ウスターソースを小さじ2ほど入れる
4.取り出して同じフライパンで卵二つを炒り卵にする
5.別のフライパンに油を挽き、麺をほぐさずに入れる
6.強火で2分ちょっと焼き、焦げ目がついたらひっくり返す
7.同じく強火で2分ちょっと、焦げ目がついたら菜箸でほぐす
8.パッケージに入っていたタレを入れる
9.取り出してあった豚肉、キャベツ、卵を入れて混ぜる

どんなもんだろってやってみたけど、焦げた麺がカリカリしていてなかなか自分好み。ピリッと辛めでおいしかったっす。