2009年10月6日 のアーカイブ

アボカド

2009年10月6日 火曜日

アボカドを植えていた鉢から雑草が・・・と思っていたらみるみる大きくなってきた。これはどうも雑草レベルじゃないなぁって思ってるけどいったい何かわからない。

雑草?
雑草?

いったい何なんだろう?
もうちょっと観察することにしよう。で、アボカドは・・・というと、この鉢のアボカドは芽が出なかったみたい。

アボカド
アボカド
アボカド

二鉢が順調に育っております。って、この先、木にならなきゃ実もならないんでしょ? ってことは、ベランダじゃムリじゃーん。その前に冬を越せるのかな? 部屋に入れないとダメなんかな?

ベランダでつくるおいしい果物34種 ベランダでつくるおいしい果物34種

はじめての果樹62種―手順がよくわかる庭植え・鉢植えの栽培テクニック 捨てるな、うまいタネ コンテナで育てる果樹ガーデン (さぁ、始めよう!) 覚えたい家庭果樹のテクニック (NHKの趣味の園芸・実践作業) かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり
by G-Tools

ブログランキング・にほんブログ村へ ←←← 応援のクリックをお願いします

最後の最後に不快

2009年10月6日 火曜日

昨日は実習最後の日だったんだけど、かなり不快な想いをした。最後に行ったのは特養。特養とは特別養護老人ホームの略。行ってすぐにしたのが入浴介助。この時、認知症の方なのでけっこうわがままを言うんだけど、それに対して怒るんだなースタッフが。そんなん旨いこと言えばいいのに怒ってダメでしょとか、なんでそんなことするとか平気で言ってる。次にビックリしたのが男性スタッフなんだけど、ポケットに両手をつっこんで足をすりながらずちゃらずちゃらって歩く。食事の時も、介助が必要な人に食べさせてあげるとき、スプーンで口を無理矢理開いて入れるのだ。で、スプーンに山盛り入れて、さらにスプーンの裏に付いたごはんとかを取らずに口に入れるもんだから半分近くが口から出てくる。口というか顎の下の方に器を持ってきていて、口の周りに付いたご飯などをスプーンで落として、それをまた食べさせる・・・みたいな感じ。トイレ誘導とかも利用者さんのスピードで手を引くんじゃなく、スタッフのスピードで。だから利用者さんは小走りになってるような感じなのだ。入ってすぐにスタッフがまったく笑ってないどころか機嫌悪そうな顔で仕事してるからなんか変だなぁとか思ってたのだ。
1日の実習なんだけど、お昼で帰ろうかとホントに思っちゃったよ。でも、終了式はスグだし、また実習の為に仕事を1日休まなければ・・・とか思ったら、それはどうもなーとか思って1日いてしまった。3時半ぐらいから5時ぐらいまで、フロアはほったらかしで利用者さん8人ぐらいと実習生であるワタクシ1人だけだったので、精一杯しょうもない話なんかして楽しんでもらった・・・つもりなんだけどね。でも、自分が実習増えたくないもんだから1日我慢していたっていうそんな自分に自己嫌悪なのだ。
そんな昨日の晩ご飯。おととい作ったスリランカ風チキンカレーの残り。ちょっと少なくなっていたから、トマトひとつをざく切りにして入れ、15分ほど炊いたのである。

スリランカ風チキンカレー改

トマトの酸味が加わってかなり絶妙な味になっていたのだ。むふん。

高齢者福祉を問う 現場・行政・研究の立場から 高齢者福祉を問う 現場・行政・研究の立場から

高齢者福祉の世界 (有斐閣アルマ) 後期高齢者医療制度―高齢者からはじまる社会保障の崩壊 (平凡社新書) 介護―現場からの検証 (岩波新書) 介護崩壊 (晋遊舎ブラック新書 4) だから職員が辞めていく 施設介護マネジメントの失敗に学ぶ [介護の本シリーズ]
by G-Tools

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ← ← ← 応援のクリックをお願いします