2010年2月23日 のアーカイブ

味噌ハンバーグとかぼちゃのサブジ

2010年2月23日 火曜日

休みの日はカレーの日。
って、決めてるから休みの日はカレー以外作れない。

ハンバーグが急に食べたくなった。
でも休みの日はカレーの日。
ハンバーグが作りたい。
・・・となると休みじゃない日に作らなくちゃいけない。
仕事の日は、帰りが遅くなるからムリ。我が家には腹を減らすと機嫌が悪くなるヤツがいるから、仕事の日はダメだ。そうすると夜勤明けなんだけど、それまで待ちきれない。

そうだ!
カレーを副菜にしちゃえばいいんだ。
メインはハンバーグ。カレーは副菜。それでよし。

カレーっていうか、かぼちゃとにんじんのサブジにしたんだけどね。

昨日の晩ご飯

ハンバーグ

材料

豚挽肉:300g
木綿豆腐:3分の2丁
玉ねぎ:1つみじん切り
シソの葉:10枚みじん切り
卵:1つ
酒:大さじ1
牛乳:大さじ2
ナツメグ:少々
塩胡椒:適量
味噌:大さじ3
パン粉:大さじ5

作り方

1.豚肉に卵を混ぜてグチャグチャする
2.水切りした豆腐、酒、牛乳、ナツメグ、塩胡椒をしてグチャグチャ
3.味噌を入れてよく混ぜる
5.玉ねぎ、シソの葉を入れて混ぜる
6.パン粉を入れてよく混ぜる
7.成型して冷蔵庫で1時間ほど置く
8.片面を中火で3分焼く
9.裏返し、水を50cc強入れ、フタをして弱火で7分焼く

味噌ハンバーグ

かぼちゃとにんじんのサブジ

材料

かぼちゃ;4分の1
にんじん:1本
プチトマト:10個(半分に切る)
クミンシード:小さじ1
青唐辛子:1本みじん切り
スパイスA
・クミンパウダー:小さじ半分
・ターメリック:小さじ半分
・コリアンダー:小さじ半分
・ガーリックパウダー:小さじ半分
・ジンジャーパウダー:小さじ半分
・チリペッパー:小さじ半分
ヨーグルト:大さじ3
水:50cc

作り方

1.フライパンにオリーブオイル、クミンシード、青唐辛子を入れて火を点ける
2.パチパチして香りがたってきたら、かぼちゃ、にんじんを入れる
3.数分炒めたらスパイスAを入れてさらに2〜3分炒める
4.ヨーグルトを入れてよく混ぜる
5.水50ccとを入れて中火にしてフタをして5分ほど
5.フタを外し水が飛んだらトマトを入れて2分ほど炒める

かぼちゃとにんじんのサブジ

それとサラダ。
キャベツを千切りにして、白菜のキムチも細切りにする。クリームチーズをさいの目に切って入れ、マヨネーズと醤油少々を入れて混ぜただけ。

ハンバーグはうまく味がついていて、タレなしでOK。フワッフワでジューシーでおいしかったぁ〜。サブジもかぼちゃの甘みと唐辛子の辛さ、それとトマトの酸味がうまく絡まっていていい感じ。サラダもピリッと辛くておいしかったし。

和風、インド風、韓国風とミックスだけどそんなの気にしな〜い。
おいしきゃいいんだもんねー。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ← ← ← 応援のクリックをお願いします

 暮らしが変わる40の習慣
暮らしが変わる40の習慣
二見書房 2008-04-18

Amazonで詳しく見るby G-Tools

夢もゆとりもあきらめない わたし時間のつくり方 モノに振りまわされない! 片づけのコツ 暮らしのさじ加減―ていねいでゆっくりな自分にちょうどいい生活 ちょっとしたことで  ていねいに暮らせる45のコツ お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし

昨日のおべんと

2010年2月23日 火曜日

昨日はワタクシが休み。
なのでおべんとは同居人のものだけでいい。

休みなので目覚ましをかけずに寝るんだけど、いつも通り仕事の日より3〜40分近く早く起きる。5時50分ぐらい・・・かな。仕事の日も目覚ましをかけるんだけど、目覚ましが鳴る前にだいたい起きてるけど。でも、休みの日の方が早く起きるんだなー。

鶏肉とカブを味噌で煮込んだものと、鶏皮とごぼうと大根皮とにんじんのきんぴらを作った。

昨日のおべんと

鶏肉とカブは煮込む時に少し唐辛子を入れてピリッとさせた。
きんぴらは、おととい作ったうなぎのたれで作ってみた。
あとは、ご飯のみだとちょっと見栄えが〜と思ったので、梅干しとその周りに牛肉のしぐれ煮を。

これがワタクシのお昼ご飯にもなったのである。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ← ← ← 応援のクリックをお願いします

 早起き力
早起き力
PHP研究所 2009-03-11

Amazonで詳しく見るby G-Tools

商いのこころ―躍進する中小企業の成功法則 グレートスモールカンパニー―小さな会社に学ぶ「奇跡の企業哲学」 リストラなしの「年輪経営」 人生の作法 仕事の作法